レディー

免許取得のために

学生

幼稚園の需要が高まっている現在では、幼稚園教諭の免許取得を希望する人も増えています。取得には、大学などで養成課程を修了することが必要です。実務経験があれば、取得のための試験を受けることもできます。また幼稚園教諭免許にはランクがあり、最上位の専修の場合、取得には大学院に通うことが必要とされています。

Read More

養成機関卒業か試験合格

男性と子供

保育士として働くには、保育士資格を取得し、試験合格地の都道府県に登録する必要があります。資格を取得する方法はふたつ。厚生労働大臣指定の認可の養成機関で所定の過程を修めて卒業するか、国家試験を受験して合格するかです。養成機関は四年生大学、短大、専門学校があります。保育士資格を取得できるとされている学科は、大学や短大では幼児教育科や保育科など名称がさまざまです。その学科で資格が取れるかどうかは進学前にしっかり確認しておきましょう。大学は履修に4年間あるため、時間に余裕があります。短大は2年間で一般教養科目と保育の専門科目を履修しますから忙しくなります。大学でも短大でも、学科によっては保育資格だけでなく幼稚園教諭の免許もとれます。取っておくと保育士として働く時にも役立つでしょう。専門学校は保育に特化した実践的な内容が学べます。専門学校も2年と忙しくなりますが、保育の専門に特化して実践的な内容で学べます。

保育とは関連のない学校に通っていたり、社会人として保育業界とは関係なく働いたりしながら保育士を目指す人は、試験を受けて合格すれば資格が取得できます。試験は1次が学科試験、2次が実技試験です。試験はかつては年に1回の実施でした。しかし保育士不足と待機児童の問題を受けて、2015年は通常の試験とともにいくつかの府県で地域限定保育士試験を実施、2016年全国で前期後期の年2回実施、いくつかの府県で地域限定保育士の試験が行われました。来年も年2回実施され、保育士の資格を取りたい方にとってはチャンスが増えたことになります。地域限定保育士とはその試験を受けた地域のみで通用する資格ですが、3年勤続すると全国で働けるようになります。

慎重に決めることが大切

子供と先生

保育士になるために厚生労働大臣が指定した学校に通って勉強している人が沢山いますが、この方法であれば卒業後に無試験で保育士の資格を取得できます。そのためこのような学校に通っている人が沢山いますが、指導方針については学校により異なるのでその点はよく調べた方が良いです。

Read More

さらにスキルを磨く

PCと女性

ビジネスに必要な資格といえばパソコンや簿記があります。海外との取引が多ければ外国語も考えられます。こうした資格は就職前に取得するのがベストです。社会経験が中堅クラスであれば、経営管理に関する資格を取得するとよいでしょう。取得後は独立開業することもできます。

Read More