免許取得のために|保育士の資格を取得して社会問題の解決に貢献しよう
勉強

免許取得のために

学生

幼稚園の需要の高まり

幼稚園教諭とは、3歳以上の就学前の子供を保育している幼稚園で、教諭として働く人のことです。幼稚園は、かつては主に共働きではない家庭の子供が通う保育施設でした。しかし昨今では、共働きの家庭が増えてきたことから、多くの幼稚園が、保育園と同じようなスタイルでの保育をおこなうようになっています。そのことから、幼稚園の需要は高まっていますし、それに伴って幼稚園教諭を目指す人も増えています。幼稚園教諭になるためには、まずは専門の免許を取得する必要があります。免許は、大学や短期大学などで、指定された養成課程を修了することで取得できます。また、保育士としての一定期間を超える実務経験があれば、指定された試験を受けて合格することでも免許取得が可能です。

ランクの違い

幼稚園によっては、幼稚園教諭の免許がなくても、保育のサポート役として働くことが可能となっています。ただしこの場合は、有資格者と比較すると給与が安いということが多く、働きながら試験合格による免許取得を目指している人は少なくありません。また、幼稚園教諭免許自体にランクがあり、それによっても待遇が異なってくることがあります。基本的には、養成大学を卒業することで1種免許を、養成短期大学を卒業することで2種免許を取得できます。1種と2種とでは、1種の方が上位とされています。また、さらに上位とされているのは専修と呼ばれている免許です。これを取得するためには、大学卒業後に大学院に通い、さらに専門的な知識を学ぶことが必要となっています。